七瀬 スペシャルインタビュー

見た目もキャラクターも本当に可愛い。プロフィール写真で顔を隠してるのがもったいない! みなさんに見せたい! ってことで、インタビューの最後に、素顔を見る方法をお伝えしています。また、今回のインタビュー写真は、七瀬さんの自撮り写メです。


ブログ読んだら、『ちょっと10月からゆったりします♪』って書いてあったけど。
「はい。そうなんです。夜の時間をちょっと早くあがろうかなって」
ゆったりとは、どんな風に過ごすの?
「実は、ド○クエをする時間が欲しくて」
あはは。
「うふふ。お店に言うと怒られちゃうから、ちょっとド○クエって伏字にしといてください」
あはは。了解。ゲーム好きなの?
「はい。大好きなんです。ロールプレイングだけじゃなく、マリオもするし、キャサリンていうパズルゲームも好きで」
ジャンル問わずだ。
「そうなんです。将棋もするし」
脱衣マージャンもするし。
「脱衣マージャンもするし。あ、脱衣マージャンはしないしない。うふふ」
あはは。
「何でも好きなんです。もしかしたらゲーマーかもしれないです」
そっか。じゃあ、毎日しちゃう感じだ?
「いいえ。やらない日もありますね。あれ? わたし、あまりゲーム好きじゃないのかな?」
あはは。
「うふふ。趣味程度ってことですね。ド○クエは、このままだとずっと終わらないし、年末は仕事が忙しくなるから、今のうちにやっとこうかなって」
年末働くためにってこと?
「そうです、そうです」
それはお店とお客さんのためってことだ。 
「はい。そう解釈してもらうと助かります」
あと、ブログでいうと、最近芸能人に似てると言われるって?
「はい。眞鍋かをりさんに似てるって言われるんですよね」
真鍋香織って字になってて、最初誰だかわからなかったよ。
「あれ? そうなんですか? あはは。やっちゃってますね。うふふ」
あはは。ぜひ直さず、そのままで。
「はい。わかりました。そのままにしておきます」
あはは。ブログは頻繁に書いてるの?
「はい。ずっと書いてたんですけど、ちょっと前に1回全部消しちゃったんですよね」
もったいない! なんで?
「見る人も飽きちゃったかなぁって。だから書き直そうかと思って、とりあえず消しちゃいました」
あはは。過去書き直そうとしたんだ?
「はい。それでいざ書こうと思ったんですけど、ド○クエのほうにいってしまいました」
あはは。あなたおもしろいわ。
「うふふ。なので今日からちゃんと書きます」
いやぁ、話してて楽しい。なんか謎が解けたわ。
「何ですか? 謎って?」
毎月、お店のランキングに入れる謎。
「あ〜、なんで入るんですかねぇ? わたしにはまだ謎です」
あはは。ランキングは気にしない?
「そうですね。あまり気にしないですね」
じゃあ、人気の秘密を自分なりに考えてみて。
「う〜ん、なんでしょう。…う〜ん、垣根がないことかも」
垣根?
「お客さんとの垣根がないんです。それを気にして接客してます」
でも、な〜な〜ではないんだよね?
「人によりますけど、でも大体そうなんです」
その垣根を減らすことが大事?
「そうですね。できるだけ初対面から垣根をなくしていってます」
ちなみに今、僕とはどのくらいの垣根があるの?
「う〜ん、まだしてないからなぁ」
してない? 
「うふふ。エ○チ」
ドキッとしたぁ。エ○チすると消えるの?
「うふふ。やっぱりエ○チしたほうがより垣根が消えるんですよね。でも、できるだけエ○チする前からも消えるようにしてますけどね」
エ○チする前に消す方法って?
「でも、人によるんですよね。丁寧がいい人と、フランクなのがいい人。どちらにしても垣根を減らすんですけど、減らし方とかが違うんです」
なるほど。僕は?
「フランクバージョンですね」
正解!
「うふふ」
じゃあ、僕がお客さんだったら、どうフランクにするの?
「どうやるんだろう?」
『暑いねぇ〜』とか?
「う〜ん、…(僕の坊主頭を見て)お坊さんなの? って言うかも」
あはは。
「うふふ。もしくは前世がお坊さんかな?」
あはは。前世から髪型引っ張るかぁ。
「うふふ。あはは」
あはは。そのノリはいいなぁ。
「ただ、お相手に合わせて話の内容も変わりますけど」
そりゃね。みんなにお坊さんですか? はないでしょう。
「あはっ。そうですね」
そういう相手との距離を見極めるのは、昔から得意だったの?
「もともとかな? 生まれつき? うふふ。何でも言っちゃう子でした」
…そのルックスで言われたら、何でも言うこと聞いちゃうなぁ。
「えっ、どんなこと聞いてくれるんですか?」
お経読んじゃうかも。
「うふふ。あはは」
こんな冗談言ってて、エロくなるの?
「はい。エロくなれますよ」
どのタイミングで?
「突然、変わります。服を脱がしたら変わっちゃうんです」
お坊さんですかぁ? ってワチャワチャ言いながら服を脱がせて。
「はい。それで脱いだら、もうエ○チな雰囲気です。もう始めます」
舞台装置があったら、そこでピンク色に変わるんだね。
「そうです。それでスポットライトが当たって、エ○チな顔してます」
あはは。そこから冗談は言わないの?
「もう言えないですね。わたしも裸になって、エ○チな雰囲気に飲まれちゃうので」
エロ七瀬?
「うふふ。はい。エロ七瀬ですね」
冗談からのエロっていうギャップもいいね。
「うふふ。そうですね。わたしもそれに飲まれてます」
そこからエロ七瀬はどうしてくれるの?
「キスして、それからは気まぐれに身を任せるんですよね。相手が攻めてきたらそのまま受けますし、そうじゃなかったら、わたしから攻めるんですけど、その時々によって、やる内容も全然違います」
いろんな自分がいる?
「う〜ん、わたしは1人なんですけど、いろんなことをするのが好きなんです」
もともと?
「そうですね。今日は攻めて、今日は受けてって、その日によって違いましたね」
その中で専門分野はあるの?
「え〜、どれですかねぇ?」
あはは。僕に聞かれても。じゃあ、最近増えたものは?
「う〜ん、ぜ、全部。うふふ。あはは」
あはは。全部聞くのは無理だからなぁ。ちなみにSっぽいとMっぽいはある?
「そうですね。どっちもありますけど、どっちかっていうとSのほうが多いかなぁ…」
ほほう。
「でも、Mかなぁ…」
あはは。
「うふふ。わからなくなっちゃった」
あはは。その迷いが答えだね。ほかにどんな七瀬さんがいるの?
「すごくエ○チになれるときもあるし、すごく恥ずかしいときもありますね。相手の雰囲気とか、わたしのその日のテンションでそうなっちゃうんですよ」
へ〜。淫乱な七瀬さんかぁ…見た目からは想像できないなぁ。
「うふふ」

読者に謝ります。ここからは僕の趣味でチョイスさせていただきまして、淫乱七瀬さんの内容をお聞きします。

スイッチ入って、どうなるの?
「スイッチ入ると、すぐしたいって」
え?
「うふっ。すぐしたいし、ずっとしたい」
カラダが火照る?
「うん。そうですね」
恥ずかしいときとは違うよね?
「全然違いますね」
そうなると濡れ方も違う?
「もう最初から濡れてますね」
おおっ! 淫乱七瀬は月にどのくらいいるの?
「うふふ。最近多いかな」
なにがあったの?
「うふふ。あはは。暇そうな平日は特に多いかも」
あはは。そうなんだ。
「今日は、リミッターを外しても大丈夫だなって判断するんです。土日に仕事に出れなくなるとまずいので、その辺も調節して」
あはは。意外と冷静なんだ。それはいつ決めるの? お店来てから?
「朝ですね」
尊敬しちゃうわ。朝起きてすぐに仕事とエ○チのこと考えれるって。
「朝から考えませんか? わたし、朝からオナニーしちゃうことも多いですよ」
朝のいつ?
「起きかけですね。8時半くらいに目覚ましで起きて、それで」
そのための目覚まし時間でしょ。
「うふふ。あはは。それでスッキリして出勤みたいな」
あはは。朝からするのは淫乱の日?
「違うんです。その日は朝は淫乱だったけど、オナニーしたから、もう淫乱じゃなくなるんです」
ちょっとぉ〜。もう、朝は禁止ね。
「あはは。うふふ」
朝からしたくなるんだね〜。
「そうですね。だから一緒に寝たらもう、多分咥えちゃうし、乗っちゃうし」
それいいなぁ〜。
「うふふ。今それが出来る相手がいないから、オナニーするしかないんです」
オナニーは毎日じゃないの?
「そうですね。なんだろう、エ○チな夢見たときかな」
あはは。仕事でエロいことしてるのに、夢でも見るんだ。
「うふふ、あはは。見ないかなぁ。みんな見てるんじゃないですかねぇ」
ちなみにどんな夢見るの?
「なんかぁ、出勤してるんです」
あ、夢でもここにいるんだ。
「はい。本当に好きみたいですね、わたし」
あはは。ここであったことを思い出してるの?
「いいえ。現実では全くありえないことが起きるんです。どうしよう5人同時に入っちゃったみたいな。あはは」
一気に5人接客するってこと?
「うふふ。そうです。ありえないんですけどね。スタッフさんから、5人の予約取っちゃったからできる? って聞かれて、あ、大丈夫ですよって答えてるんです」
あはは。Mットはどうするの? 
「うふふ。あはは、それは想定にないですね」
願望なのかな?
「うふふ。2人相手はしてみたいですね」
5人は多い?
「5人でもいいんですけど、2人もやったことないから…これ載ったら、お客さん引いちゃうかなぁ〜」
いつもこのエロ七瀬じゃないんでしょ?
「そうそう。1番わたしがエ○チなときです。じゃ、ま、いっか」
あはは。軽!
「うふふ」
じゃあ、朝オナニーしなかった淫乱七瀬は、どう攻めるの?
「そうですねぇ〜、イキそうな人のときは、イカせないようにする」
話が飛んでるけど、まずイキそうにしちゃうんだよね?
「そうですね。口とかで。手を使わないでしますね。あと、自分からイラ○チオの体勢に行っちゃいますね」
どうやるの?
「立ってる男性のマタに自分から入っていく感じですね。それで腰を振って♪ ってお願いするんです」
わぁ〜。奥に入れられても大丈夫なの?
「はい。大丈夫ですね」
エロい状況作ってるねぇ。ほかに自分から言うのは?
「あと、そうですねぇ〜、顔の上に乗る。うふふ。それで舐めて♪ って言うときもありますね」
いいなぁ〜。
「あと、Mっぽい人に攻めさせるのも好きです」
SをMのように攻めまくるのは、わかるけど。
「あ〜、はいはい、ありますね。でも逆のほうが楽しいですよ」
そうなの? Mをどう扱うの?
「やってみてって。もちろんMを滅茶苦茶にするのも好きなんですけど」
さらに上行くんだ。やったことないことをさせちゃう。
「うふふ。そうそう」
それやるとMの人はどうなるの?
「う〜ん、気づいたらやっつけちゃってるかも。うふふ」
あはは。いいねぇ。どうやってやっつけるの?
「言葉とか、あと、オチ○チンを脚でやったりとか」
脚で? どうやって?
「横になってて、キスしながら、脚でゴシゴシしたり、ヒザの裏とかで挟んだり」
やられたいなぁ…。
「あと、首とかは噛んだりもします」
気持ちいいぃ〜!
「うふふ。もちろん、相手によってイヤがる方もいるので、そこをしっかり見ないとダメで」
攻めのポイントだ。
「はい。どこを攻めるかも相手のによって代わるんですけど、嫌がってるのか嫌がってないのかを見極めるのが絶対必要で。それで決めてますね」
急に真面目な話を…。
「うふふ。あはは」
言葉攻めは、どんなことを言ってくれるの?
「あれ? こんなに大きくなってるぅ〜とか、どこがいいの? とか」
…。
「うふふ。あはは。恥ずかしいですね。静かにならないでください」
いいねぇ。
「うふふ」
エロテンションで挿○も変わる?
「まぁ、騎○位とか背面騎○とか。あと、股を挟み込むのも好きですね。あの、男性が正○位で、わたしが横向きのやつです。それで最後は寝バ○クが大好きです」
もうエロ七瀬関係なく好きな体位言ってるでしょ?
「あはっ、そうでした。好きなの言ってました」
あはは。
「多分、後ろ付きなんですよねぇ〜」
じゃあ、バ○クも好き?
「バ○クよりは、寝バ○ク」
立ちバ○クは?
「立ちバ○クよりは、寝バ○ク」
うん。とにかく寝バ○クね。
「うふふ。あとは騎○位と正○位、座○も好きです」
OK! じゃあ、七瀬さんを感じさせたかったらどう攻めたらいい?
「全身好きで。同時に中とクリとか。あと、背中も好き」
好きなの言ってるとき、急に幼くなるよね。
「えぇ、そうですかぁ? うふふ」
その好きなところをどういうルートで攻めたらいい?
「背中を舐めながら、お尻行って、手だけを前に持って来て…ってなんでこんなに詳しくっ! 恥ずかしい」
あはは。もう遅いから、続き聞かせて。
「え〜、えっとぉ・・・それで後ろからクリを。うふふ。2人で横向きに寝てる状態で、後ろから、背中を舐めてもらって、右手でオッパイを揉まれて、左手でアソコをナカとクリを」
ちょっと待ってね。…後ろから、股の間からクリを?
「人差し指で触って、それで中指でナカに入れて、薬指でお尻の周辺を」
ちょ、ちょっと、無理じゃない? フレミングの法則みたいになってるよ。
「うふふ。あはは。本当だ。あはは」
絶対、指のストレッチが、必要だね。腱鞘炎になる。
「あはは」
どういう風に触ったらいい?
「オッパイは、揉むか舐めるか」
その体制だと、舐めるのは無理でしょ。
「あはは。本当だ。乳首は、指でやるとマラソンの乳首ずれが起きちゃうからぁ〜。あはは。あっ、マラソン関係ない」
あはは。じゃあ、乳房を触って、乳首は正面向いたときに舐める専門だ。
「はい。乳首は敏感すぎるから。乳房は揉みしだかれるのが好き」
背中は?
「チュウでもペロ〜でもどちらでもいいです」
まぁ、左手が忙しくて集中できないしな。
「あはは。…あれ? 正面向いたほうがやりやすくないですか?」
知らんわ。自分で横向きで後ろからって言ってたじゃん。
「あはは。じゃあ、やっぱり正面で、背中は摩るでいいです。オッパイも舐めてください。それで、指でお尻の周りと、中に指入れて、クリを親指の付け根で…できますか?」
あはは。多分無理。
「あはは。うふふ」


今、淫乱な話を聞いたけど、イレギュラーでしょ?
「どうでしょう。多分、そうですね」
多くは恋人系?
「そういう人もけっこういます」
SとMの話が出たけどSの人はどこまでOkなの?
「ソフトであれば。本当言葉とか、恥ずかしい感じのとかその程度ですけど」
道具とか本気じゃない系ね。
「はい。そうですね」
逆にMの人は?
「あの…○○とか」
あらら。
「あと、○○も」
すごいね。やっぱりS度合い強いね。
「うふふ。そうですねぇ。たまにドSって言われます。うふふ。でも、あまり出さないようにしてます」
Mットは?
「大好きです。上手だと思います」
自分で言うって相当よ。
「うふふ。本当に自信あるんです。すごい勉強したし、だから今なら寝ててもできます。あはは」
寝ながら? あはは。喜ばせる秘訣は?
「う〜ん、結局は真心なんです。寝ながらじゃ、無理ですけどね」
あはは。ごもっとも。どんなMット?
「しいて言うと、切れ目がないんです」
ほう。構成がよくできてるんだね。
「そうですね。ヌルヌルも続いて、マッサージもしながらだし。本当に練習しました」
どうやって練習したの?
「もう何回も何回も自分で」
偉い!
「うふっ。はい」


普段エ○チしたくなったりする?
「ありますね。出勤が空いてたら、したくなります」
本当?
「うふふ。はい」
どのくらいのペースでしたくなる?
「3日空くと限界」
あはは。その間オナニーは?
「してますね。でもオナニーとは、また違うので」
どんな気分なの?
「したいなぁって。入れられる感覚がよみがえって」
あはは。3日でそれが?
「…4日にしとこうかな」
あはは。見栄張った!
「あはは」
じゃあ、3日空いたあとの出勤日は?
「もう、やる気とテンションが違いますね。もちろん出勤が続いても、エ○チは大好きだから、毎回テンション上がっちゃうんですけど。特にもう」
すごくしたいときは、どんなエ○チがしたいの?
「長くしてたいんです。だから、早くイッたら怒るぞ♪ って、そんな感じです。うふふ」
あはは。でもどうするの? お客さんが早漏だったら。
「イッちゃダメって言うんです」
入れながら?
「そうですね。騎○位で腰を止める感じ」
そのルックスで言われたら、その言葉でイッちゃうよね。
「うふふ。あはは。じゃあ、肩噛んで止める。うふふ」
あはは。本当に可愛い。
「あはっ。ありがとうございます」
可愛い顔が隠れてるのもったいないなぁ。
「たまにブログで載せちゃうときもあるんですよ」
マジで? いいの?
「うふふ。はい。大丈夫です。じゃあ、UPしとくんで、よかったら見てくださいね」


※取材後記
だから人気姫なんだな。だから、常にランキング入りしてるんだな。文字だけで伝わったでしょうか? すごく笑うし、すごく人懐っこいし、可愛いいし。本当に楽しかったです。願いが叶うなら、七瀬さんみたいな子と老後は過ごしたいなぁ…。そんな気にさせる、とてもいい子です。で、さらにエロいんだもの。もう、贅沢すぎます。[Pスケ]

>>プロフィール・出勤スケジュールを見る